忍者ブログ

泣ける、心にしみる話特集
<<  <  >  >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハチに刺されそうになりました…

危ない危ない…
PR
親と喧嘩をし、「出て行け」と言われ家を飛び出して6年。


家を出て3年後に知り合った女性と同棲し2年後に子供が出来た。


ものすごく嬉しかった。


母性愛があると同じように父性愛というのもあると気付いた。


子を愛さない親は居ないと言うのも知った。


妻の検診の日は毎回産婦人科まで一緒に行った。


エコーで動きを見た日は遅くまで妻とこの子の名前や性別を考えていた。


初めて聞いた元気な心音に「父さんはおまえの為にがんばる」と誓った。


何もかもが順調だと思ってた。


予定日の1ヶ月前に妻が破水をした。


切迫流産の前兆だったそうだ。


妻も元気で何も問題なんて無いと思っていただけにビックリした。


嫌な言葉が蘇った。


「八月子はもたない・・・」


詳しい検査をした時に娘の心音に雑音が混ざっている事が分かった。


母子ともに危険な状態になった為、緊急手術で帝王切開する事になった。



よく晴れた10月に君は生まれた。


最初は小さく泣いたらしい。


けど自発呼吸が出来なかったため、


器官に酸素供給するための管を通す事になった。


その後の事は覚えてるけど良く覚えてない。


何処からが現実で何処までが現実じゃないのか。


初めてNICUで見た娘の姿に涙が出そうになった。


娘にかけた最初の言葉が「生まれてきてくれて有難う」.


その後、母親に連絡を取った。


母親の声を聞いたのは実に何年ぶりだろう。


初めて人前で泣いた。


母親にも見せたことの無い涙を見せた。母親も泣いてくれた。


「孫娘には何の罪も無いのに何故・・・」と。



色々医師から説明を受けた。絶望って眩しくも、真っ暗でもなかった。


いつもの生活が私と妻を追い立てた。


娘は管から母乳も飲み、オムツも替えさせてもらい、


名前も付けてやれたし、出生届も出せてやれた。


戸籍上も私の娘。可愛い。


医師からの突然の電話。


最初で最後、娘を抱っこしてあげれた。涙が出そうになった。


だけど泣かなかった。泣く必要は無いと自分に言い聞かせた。


18日間、娘は良くがんばった。


妻と二人で娘を荼毘に出し、小さな骨壷に骨拾いをした。


やっと娘は父と母が住む家に帰ってこれた。


最近はやっと落ち着いてきた。


けど、まだ気持ちの整理はついていないのだろう。


もう二十年位前の話です
私は小さい頃親に離婚されて、どっちの親も私を引き取ろうとせず
施設に預けられ、育てられました
そして三歳くらいの時に今の親にもらわれたそうです

当時の私はその自覚などしておらず、
記憶は無く、その親を本当の親と思って中学二年まで過ごしてきました
そして、突然の父との別れが訪れました
脳梗塞で帰らぬ人になりました
そして、その最悪の時に
私とその親は家族ではないということを親戚の方から偶然にも知ってしまったのです
葬儀のあと、私は母を問い詰め、本当の事を聞きました

その時を境に、私は母を嫌いになりました
死んだ父でさえも嫌いになりました
多分、裏切られたとか思ったんでしょう
元々家が裕福ではありませんでした
ですから父が死んでしまったので、母が働きに出ざるを得ませんでした

母は、朝は近くの市場で、昼から夜にかけてはスーパーで働きました
それもこれも全て、私のためのものでした
ですが当時の私にはそれすらもうっとうしく思えてなりませんでした

時には、登校の時間と母が市場から帰ってくる時間がちょうど重なってしまい
友達と登校していた私は、ボロボロになった母と家族であるということを
友達に知られたくなく 「いってらっしゃい」と言う母を無視しては
友達に「誰あれ、気持ち悪いんだけど」という悪口すら言っていたものでした

それを察してか、次の日にはわざと目を伏せ、足早に私とすれ違っていきました
でも、それでも、母は何一つ文句をいわず働いてくれていました
そんな日が一ヶ月くらい続いたと記憶しています

そんな雨の日、雨合羽を着て市場から帰ってくる母とすれ違いました
当然無言です
その姿はなんとも淋しく、哀しく、辛そうに見えたのです
涙が溢れました。ぐしゃぐしゃに泣きました
私は一体何をしているのか
ボロボロになってまで私を育ててくれているあの人に、
私は何をうっとうしく思っているのかと、凄まじい後悔が私を襲いました

私は友達の目も気にせず、母に駆け寄りました
でも、何を言っていいかわかりませんでした
その時、ふと口をついた言葉が「いってきます」でした
言えた言葉はたったそれだけでした
でも、母は一瞬驚き、そして泣きました
そして、何度も何度も「いってらっしゃい」と言ってくれました
私が友達の元へ戻ったあとも、母は私を見ながら手を振って
「いってらっしゃい」と言ってくれていました


今では、彼女こそが本当の私の母親です
たとえ戸籍上はどうあれ、そう思っています
恩は返しきれないくらいあります
母は「それが親の勤めだよ」と言いますが、でも、じゃあ今度は子として
親の面倒を見ていきたいです
この人が母親で、最高に良かったと思います
中三の頃、母が死んだ 


俺が殺したも同然だった・・・
 
 


あの日、俺が楽しみにとってあったアイスクリームを、母が


弟に食べ



させてしまった 



学校から帰り、冷凍庫を開け、アイスを探したが見つか


らなかった 


母親に問い詰めると、弟が欲しがったのであげたと言った 


その時楽しみにしていた俺は、すごく怒った 


母親に怒鳴り散らし、最後に「死ね!」と叫び、夕飯も


食べずに部屋


に篭った 


それから何時間か経った 


俺は寝てしまっていたが、父親が部屋に飛び込んで

きたので目が覚


めた 


「母さんが轢かれた・・・!」 


あの時の親父の顔と言葉を、俺は一生忘れないだろう 


俺達が病院に着いたとき、母親はどうしようもない

状態だと言われた 


医者は最後に傍にいてあげてくださいと言い、

部屋を出た 


それから少しして、母親は息を引き取った 


その後、母親があの時間に外にいた事を父から聞いた 


買い物に行くと言って出て行き、その帰りに

車に轢かれた事 


現場のビニール袋の中には、アイスが一つだけ

入っていた事 


救急車の中でずっとごめんねと呟いていた事 


その時、俺のために母はアイスを買いに行って

事故にあったとわかっ



通夜と葬式の間中、俺はずっと泣いた 


そして、今でもこの時期になると自然に涙が出てくることもある 


母さん、ごめんよ 


俺が最後に死ねなんて言わなかったらと、

今でも悔やみ続けている
* SNOW FLAKES *
STOP  *  START
* カレンダー *
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
* カテゴリー *
* フリーエリア *
* 最新CM *
* 最新記事 *
* おもしろサイト *
* 激やせ商品 *
モデリートエクストラクラッシュ

モデリートエクス…

希望小売価格¥13,440
販売価格¥6,825

商品詳細ページへ
カートページへ
* 最新TB *
* これは便利 *
HOLEY SOLES(ホーリーソールズ)  the explorer エクスプローラー white (白) XS(21-22)

HOLEY SO…

販売価格¥3,780

商品詳細ページへ
カートページへ
* プロフィール *
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
* バーコード *
* ブログ内検索 *
* 最古記事 *
* ¥¥¥ *
<<  <  *  BLOG TOP *    >  >>
Copyright©  No Name Ninja
Designed & Material by ぱる
忍者ブログ ・ [PR]